YUKA TSURUNO
EXHIBITIONS ARTISTS PUBLICATIONS GALLERY ART FAIRS NEWS FEATURED WORKS PRIVATE  
大﨑のぶゆき Nobuyuki Osaki
「マルチプル ライティング」Multiple Lighting

2018年4月21日 - 5月26日


untitled album photo, 2017

>English

 ユカ・ツルノ・ギャラリーは、大﨑のぶゆきの個展『マルチプル ライティング』を2018年4月21日(土)から 5月26日(土)まで開催いたします。ギャラリーでの3年ぶりとなる本個展では、大﨑が長年取り組んできている「イメージが消失する」という表現がもたらす曖昧さとともに、流動的な時間や記憶のあり方をもとにした作品を発表します。

 大﨑はこれまで、自身を取り巻く世界や認識への興味から「リアリティの不確かさ」について表現することを探求し、独自に素材や制作方法を開発しながら「イメージが消失する」現象やその過程をモチーフに、社会における虚構性やリアリティについて問いかけてきました。近年は、未来に対して予見されていることや過去に起こった出来事を「現実」として引き受ける感覚について考えるようになり、イメージの曖昧さだけでなく記憶や時間について深く考察をし、曖昧さや懐かしさといった感覚を誘発する作品を展開しています。

 このような取組みのもと、本展は、描いたドローイングが溶けて流れていく瞬間を撮影したシリーズ『untitled album photo (2016 - 2018)』、鏡のインスタレーション『Observer』、そして版画や古典絵画技法を応用した“未可視”の状態にある絵画を制作したインスタレーション『不可視/可視/未可視(2015)』で構成されます。タイトルの「マルチプル ライティング」、つまり「マルチプル/多数の・多様な」「ライティング/照明装置」とは、マサチューセッツ工科大学のブラッド・スコウ博士の「過去・現在・未来は同時に存在しており、スポットライトが照らすように現在がその空間を移動していく」という「相対論的スポットライト理論」からインスピレーションを受けています。展示空間に配置される鏡は常に移りゆく「現在」を光として映し出し、「過去」であり「未来」でもある複数の時空間を繋げるような作品や「現在」においては見ることが出来ないイメージは、直線的な時間ではなく流動的でパラレルに存在する「過去/現在/未来」の可能性を問いかけます。

 “様々な方法で制作される作品で構成する空間は、確定した「過去・現在・未来」があるのではなく並行世界の可能性、すなわち「スポットライトが当たる現在は無数の可能性がある」ということを示唆します。表現がもたらす「ある/ない」「消える/消えない」「見える/見えない」「光/闇」などの様々な両義性の 「間」によって、この世界について思考する装置となるのではないでしょうか。” 大﨑のぶゆき

 これらのシリーズは、ドイツや大﨑が拠点とする愛知や関西で発表されてきましたが、東京では初めての発表となります。大﨑の身の回りの環境や認識の変化とともに発展してきた作品群は、もしかしたら過去から未来が作られるだけではなく、未来が過去を変えていくかもしれないという作品を通じた感覚の試行実験の場でもあります。


作家プロフィール
1975年大阪生まれ。1998年京都市立芸術大学版画専攻卒業。2000年京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻(版画)修了。主な展覧会に「Haut. Mythos und Medium」(クンストハウス、ハンブルグ、2011年)、「キュレーターからのメッセージ2012 現代絵画のいま」(兵庫県立美術館、2012年)、「ポジション2012 この場所から見る世界」(名古屋市美術館、愛知、2012年)、「VOCA展2013」(佳作賞/上野の森美術館、東京、2013年)、「未見の星座 − つながり/発見のプラクティス−」(東京都現代美術館、2015年)、「Noemi Weber/ Nobuyuki Osaki」(ルートヴィヒ・フォーラム美術館、アーヘン、2017年)など。


開催概要
大﨑のぶゆき「マルチプル ライティング」
会期:2018年4月21日 - 5月26日
開廊時間: 火 - 木、土 11:00 - 18:00、金 11:00 - 20:00
休廊日: 月、日、祝
会場: ユカ・ツルノ・ギャラリー
東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 3F


 Yuka Tsuruno Gallery is pleased to present "Multiple Lighting", a solo exhibition by Nobuyuki Osaki, from April 21to May 26. In his first exhibition at the gallery in three years, Osaki will present works that address the ambiguity triggered by the expression of "disappearance of images", as well as the fluidity of time and memory.

 Departing from his interest in the world around him and how it is perceived, Osaki has been exploring how to express "uncertainty of reality". Through unique materials and production methods he developed, he has been posing questions on the fictionality and reality of society by using the phenomenon and the process of the "disappearance of images". In recent years, reflecting on how the prediction of the future or the past events are assumed as "reality", he has produced works that profoundly examine the ambiguity of images as well as memory and time, and trigger feelings such as vagueness or nostalgia.

 Based on such reflections, this exhibition presents untitled album photo (2016-2018) series which captured the moment the drawings he produced melt away, Observer which is an installation using mirrors, and Invisible/Visible/Unseen (2015), an installation work including "unseen" paintings that utilize techniques of printmaking and classical painting. The title of this exhibition "Multiple Lighting" refers to the "moving spotlight theory" of Dr. Bradford Skow of MIT, which claims that "the past, the present and the future exist simultaneously, and the present moves through that space as though it is following a moving spotlight". The mirrors installed in the exhibition space reflect the ever-changing present as light. The works that connect multiple times and spaces that are both "past" and "future", and the image that cannot be seen from the "present" propose s the possibility of fluid "past/present/future" that exists in parallel instead of the liner time.

 The space consisting of works produced in various methods suggests the possibility of parallel worlds instead of fixed "past/present/future". In other words, it suggests "the present illuminated by the spotlight that has an infinite possibility". Through the "space" between various dualities brought forward by the expression, such as "existence/non-existence", "disappear/indelible", "visible/invisible" and "light/darkness", it becomes the mechanism for reflecting on this world.  Nobuyuki Osaki

 These series have been exhibited in Germany, Aichi prefecture where Osaki is based, and the Kansai region. However, this is their first presentation in Tokyo. Developed along with the changes in the environment around the artist and his perception, they are the space for the sensory experiment for exploring the possibility of the future changing the past instead of the past producing the future.



Artist Profile
Born in 1975 in Osaka. Nobuyuki Osaki received BFA in Print Making from Kyoto City University of Arts in 1998, and MFA from Graduate School of Kyoto City University of Arts in 2000. Recent exhibitions include Haut. Mythos und Medium (Kunsthaus, Hambrug, 2011), NEW PHASES in CONTEMPORARY PAINTING - A Curator's Message 2012 (Hyogo Prefectural Museum of Art, 2012), The Position 2012 (Nagoya City Art Museum, Aichi, 2012), VOCA 2013 (honorable mention/ Ueno Mori Art Museum, Tokyo, 2013), CONSTELLATIONS: Practice for Unseen Connections/ Discoveries (Museum of Contemporary Art Tokyo, 2015) and Noemi Weber/ Nobuyuki Osaki (Ludwig Forum Aachen, Germany, 2017).


Exhibition Outline
Nobuyuki Osaki, Multiple Lighting
Date: April 21 – May 26, 2018
Opening hours: Tue - Thu, Sat, 11am - 6pm; Fri 11am - 8pm
* Closed on Sunday, Monday, and National holiays
Venue: Yuka Tsuruno Gallery
1-33-10-3F Higashi-Shinagawa, Shinagawa-ku, Tokyo Japan