YUKA TSURUNO
EXHIBITIONS ARTISTS PUBLICATIONS GALLERY ART FAIRS NEWS FEATURED WORKS PRIVATE  

狩野哲郎 Tetsuro Kano
a tree as a city
2017年1月21日 - 2月25日


狩野哲郎 Tetsuro Kano
「あたらしい植物 / New plants」2015
Photo: Yosuke Takeda

>English

ユカ・ツルノ・ギャラリーは狩野哲郎の個展「a tree as a city」を2017年1月21日(土)から2月25日(土)まで開催致します。3年ぶりの個展となる本展では、狩野が近年取り組んでいる鳥や小動物、虫や微生物などによる植物の認識をテーマにした「あたらしい植物 / New plants」シリーズを中心に、彫刻とドローイングを発表します。

狩野は一貫して、生物学者フォン・ユクスキュルの環世界の概念をもとに、人間の生活圏に生きる身近な生物がそれぞれの知覚によって見出す世界の多様性に興味をもっています。既製品を本来の用途からズラして組み合わせたり、植物や鳥といった「他者の視点」を作品に内在させたりしながら、狩野が生み出す風景は、彫刻や絵画としての既存の構成を残しつつも、美術とは別の価値観と多様な存在に向けられた世界観が同居しています。

本展タイトル「a tree as a city」は、建築学者/建築家のクリストファー・アレグザンダーの論文「都市はツリーではない」(原題 A city is not a tree)に由来しています。彼は、都市計画に見られる人工的な枠組みであるツリーダイアグラムを批判し、時間をかけて作り上げられる豊かな関係性を持つセミ・ラティス構造の「自然都市」を提唱しました。狩野はその自然都市に、ユクスキュルのそれぞれの生物にとって異なる役割を持つ複合的環境としての木を重ね合わせています。

また、建築と環境デザインを学んでいた狩野は、人間の意図からこぼれおちるような価値や意味を植物観察によって見出してきました。近年は植物園など美術とは異なった場でも制作を行い、鳥の認識に焦点を置いていた従来よりも、彫刻やインスタレーションに使うパーツはひと回り小さく細密なスケールへと落とし込まれています。本展では植物をモチーフに、虫や微生物など植物を取り囲むマクロな世界観を導きながら、細部がそれぞれの生物にとって固有性を獲得しながら全体を生み出していくような複数的な世界の想像を促します。


作家プロフィール
1980年宮城県生まれ。2005年東京造形大学造形学部デザイン学科卒業。2007年同大学院造形研究科美術研究領域修士課程修了。近年の主な個展に、「自然の設計 / Naturplan」(ブルームバーグ・パヴィリオン・プロジェクト、東京都現代美術館パブリック・プラザ、東京、2011年)、「純粋な標識 / Clear signs, Vivid tones」(ハラ ミュージアム アーク、群馬、2012年)、「あいまいな地図、明確なテリトリー / Abstract maps, Concrete territories」(モエレ沼公園 ガラスのピラミッド、札幌、2013年)、主なグループ展に、「呼吸する環礁-モルディブ-日本現代美術展」(モルディブ国立美術館、モルディブ、2012年)、「庭をめぐれば」(ヴァンジ彫刻庭園美術館、静岡、2012年)、「想像しなおし」(福岡市美術館、福岡、2014年)、「芸術植物園」(愛知県美術館、愛知、2015年)など。


開催概要
狩野哲郎「a tree as a city」
会期:2017年1月21日 - 2月25日
開廊時間: 火 - 木、土 11:00 - 18:00、金 11:00 - 20:00
休廊日: 月、日、祝
オープニングレセプション: 1月21日(土)18:00-20:00
会場: ユカ・ツルノ・ギャラリー
東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 3F



Yuka Tsuruno Gallery is pleased to present Tetsuro Kano’s solo exhibition a tree as a city from Saturday, January 21 to Saturday, February 25, 2017. This first solo exhibition in three years will showcase sculptures and drawings, with a focus on the New Plants series that explores the perception of plants by birds, other small animals, insects, and microorganism.

Taking biologist Jakob von Uexküll’s concept of umwelt (often translated as “self-centered world”) as an inspiration, Kano has consistently been interested in the diversity of the worlds perceived by different organisms found in the everyday life sphere of human beings. The landscapes that Kano gives shape to using ready-made products in a way that deviates from their original purpose, or by incorporating the viewpoints of the Other, such as plants and birds, retain the existing compositions of a work of sculpture or painting, but allow a worldview open to values departing from art and to diverse forms of existence to concurrently reside in them.

The title of the exhibition, a tree as a city, derives from architect and design theorist Christopher Alexander’s essay “A City is Not a Tree”. Alexander criticized the artificial framework of the tree diagram as applied to urban planning, and called for the “natural” city with a semi-lattice structure where complex relationships are established over time. Onto this natural city, Kano superimposes Uexküll’s tree, understood as a heterogeneous milieu that takes on different roles for different organism.

Having studied architecture and environmental design, Kano has discerned values and meanings that slip through human intentions by observing plants. In recent years, he has produced works in places removed from the realm of art, such as a botanical garden, and the scale of the parts used in his sculptures and installations, focused in the past on the perception and scale of birds, has become a size smaller and more meticulous. Taking plants as its motif, and leading the micro-world of insects and microorganism that encircle plants into it, this exhibition invites viewers to imagine plural worlds where details acquire different identities for different organisms while giving rise to a whole.


Artist Profile
Tetsuro Kano was born in 1980. He holds a bachelor’s degree from the Department of Environmental Design/City Environmental at Tokyo Zokei University (2005), and a master’s degree from the Fine Art at Tokyo Zokei University (2007). His recent solo exhibitions include Naturplan (Bloomberg Pavilion Project Museum of Contemporary Art, Tokyo, 2011), Clear signs, Vivid tones (HARA MUSEUM ARC, Gunma, 2012) and Abstract maps, Concrete territories (Moerenuma Park, Sapporo, 2013). His recent group exhibitions include Breathing Atolls: Japan-Maldives Contemporary Art Exhibition (National Art Gallery, Sultan Park, 2012), To Wander a Garden (Vangi Sculpture Garden Museum, Shizuoka, 2012), In Search of Critical Imagination (Fukuoka Art Museum, Fukuoka, 2014), and BETWEEN BOTANY AND ART (Aichi Prefecture Museum, 2015).


Exhibition Outline
Tetsuro Kano, a tree as a city
Date: January 21 - February 25, 2017
Gallery opening hours: Tue - Thu, Sat 11:00-18:00 / Fri 11:00-20:00
Closed on Monday, Sunday, National holiday
Opening reception: Saturday January 21, 18:00-20:00
Venue: Yuka Tsuruno Gallery
1-33-10-3F, Higashi-Shinagawa, Shinagawa-ku, Tokyo