YUKA TSURUNO
EXHIBITIONS ARTISTS PUBLICATIONS GALLERY ART FAIRS NEWS FEATURED WORKS PRIVATE  

ホセ・パルラ José Parlá
Small Golden Suns
2016年9月10日 - 12月3日


José Parlá ホセ・パルラ
Small Golden Suns, 2016, © Parlá Studios. acrylic, gesso and plaster on canvas, 140 x 441 cm

>English

ユカ・ツルノ・ギャラリーは天王洲に新しく誕生するアートコンプレックスに拠点を移し、そのグランドオープニングとして、ホセ・パルラの個展「Small Golden Suns」を9月10日(土)から12月3日(土)まで開催致します。パルラの2回目の個展となる本展覧会では、最新作として、約1年をかけて同時進行で描かれたペインティングのシリーズを発表します。このシリーズを通してパルラは、子どもたちの素晴らしさを称え、作家自身の子供時代と青年期の記憶を参照しながら、輝く太陽たちである子供たちが芸術に触れることの大切さについて言及しています。

パルラの作品は、キャンバス上に意図的に描き出されたレイヤー、痕跡、リズミカルな筆致が創造的に結びつけられた独特なスタイルで知られています。本展のタイトル「Small Golden Suns」は、これらの特徴を揃えた本展にて発表される大作のタイトルでもあり、パルラ作品の特徴がよく表れている作品です。パルラは、ペインティング、彫刻、写真、映像など多岐にわたる制作をしてきており、彼の芸術的な取り組みは公共空間にある都市の壁のような性質を持っています。彼の特徴でもある抽象的な身振りから生まれる渦を巻くようなカリグラフィーの筆致は、作品上に現れる記憶のようなレイヤーと質感を生み出し、過去の形跡は現在へと織り込まれます。

今日の世界中の子どもたちの状況を懸念するのと同時に、子どもたちの存在を称える必要性を感じているパルラは、彼自身の鮮やかで想像力にあふれ、冒険のように自由だった子ども時代を常に胸にとめています。その幼少期の経験から得たインスピレーションと、子どもたち一人ひとりがこの世界にもたらす創造的な魔法の大切さは、今現在も拡大しつつある、移民・環境・教育そして自由といった問題と向き合い、この地球規模の対話へと参加させています。

「芸術は癒しとなりうる」とパルラは言いますが、「それ以上にできることがあるはずだ」と付け加えます。パルラにとって芸術とは、感情を揺さぶり、もの語り、すべての年代の人間が共鳴できうるような冒険です。「アートはその日をより豊かなものに変え、子どもも大人も芸術によってポジティブな影響を受けます。世界中で日常的に見られる負の繰り返しから、想像力の世界へと抜け出せるように、それがたとえ一瞬だとしても、芸術は背中を少し押してくれたり、あるいは飛び込ませてくれたりするのです。」と、芸術の重要性について語っています。

パルラの作品は、それを視覚的に捉えた者が即座に自身と作品を結びつけるような手腕にあふれています。作品を見た観客たちが自身の人生を振り返り、そして自己対話を実現することで、作品に様々な読み解き方が与えられるのです。

パルラは1973年マイアミ生まれ。サバンナ美術大学とニューワールド・スクール・オブ・アーツでペインティングを学び、現在はブルックリンを拠点に活動しています。これまで国内外での様々なパブリック・プロジェクトに取り組んできていますが、近年ではニューヨークのワン・ワールド・センターのロビーに設置された約27メートルの大規模な壁画や、バークレーセンター(ブルックリン)の壁画、第11回ハバナ・ビエンナーレでのフランス人アーティストJRとのコラボレーションプロジェクトなどが大きな話題となりました。最近の個展に、ハイ美術館(アトランタ)、メアリー・ブーン・ギャラリー(NY)、ブライス・ウォクコヴィッツ・ギャラリー(NY)、ハウンチ・オブ・ ヴェニソン(ロンドン)などがあります。パルラはジャクソン・ポロックやジョアン・ミッチェルのようなアメリカの抽象表現主義の系譜を引き継ぐ作家として世界的な注目を集めており、国際社会におけるアイデンティ、マイグレーション、イマジネーションなどをテーマにした大型作品を中心に活動しています。



開催概要
ホセ・パルラ「Small Golden Suns」
会期:2016年9月10日 - 12月3日
開廊時間: 火 - 木、土 11:00 - 18:00、金 11:00 - 20:00
休廊日: 月、日、祝
オープニングレセプション: 9月10日(土)18:00-20:00
会場: ユカ・ツルノ・ギャラリー
東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA ART COMPLEX 3F




Yuka Tsuruno Gallery is pleased to present "Small Golden Suns," a solo exhibition by José Parlá, running September 10 through December 3, 2016. Parlá's second solo show in Japan will showcase a series of his most recent paintings that were made simultaneously over a one-year period. The series is a celebration of children that also makes reference to the artist's own childhood and memories of young adult life. In addition, these works also allude to the importance of exposing these "small golden suns" to art.

Parlá's works are known for their unique style, which intertwines rhythmic linework with painstakingly accumulated layers and traces on the canvas in an innovative manner. "Small Golden Suns" is also the title of the large-scale painting on display at this exhibition that combines all of these distinct features, exemplifying the unique traits of Parlá's work. With a diverse output that encompasses painting, sculpture, photography, and video, Parlá's artistic engagement is similar to the surface make-up of city walls in public space. The memory-like textures move like traces of the past that weave themselves into the present by translating abstract gestures and calligraphic characters into social signifiers and visual language.

Concerned about the state of children around the world today, as well as feeling the need to celebrate the simple fact of their existence, Parlá is constantly reminded of his own adventurous, imaginative, and free-spirited childhood. The inspiration he draws from these childhood experiences and the significance of the creative magic that each child brings forth into this world brings Parlá into a global dialogue that seeks to confront burgeoning issues of migration, the environment, education, and freedom.

"Art can heal," he says, "but it can do so much more than that." For Parlá, art is an adventure that can be shared by people of all ages, stirring their emotions and telling stories. "Art can change your day for the better. Both children and adults are positively affected by art in many of the same ways," says the artist. "Art can give you a little push, or sometimes a giant leap of the imagination to be able, if even for a moment, to escape the negative patterns we see in daily life around the world today."

Parlá's works have an immediacy that allows the viewer who perceives them to establish an instant connection. They open up a dialogue of introspection that reflects back on the viewer's own life story, producing many possible open readings of these works. Parlá was born in Miami in 1973. An alumnus of the Savannah College of Art and Design and New World School of the Arts, he is currently based in Brooklyn, New York. Although Parlá has taken on a wide range of public projects both in the US and abroad, he has attracted particular attention in recent years for a massive 27 meter-long mural installed in the lobby of The One World Trade Center in New York, another mural at the Barclays Center in Brooklyn, and a collaborative project produced together with French artist JR for the 11th Havana Biennial. Some of his most recent solo exhibitions were held at the High Museum of Art (Atlanta), Mary Boone Gallery (New York), Bryce Wolkowitz Gallery (New York), and Haunch of Venison (London). Parlá has won international acclaim as an artist who has inherited the legacy of American Abstract Expressionists like Jackson Pollock and Joan Mitchell, creating mostly large-scale works inspired by such themes as identity within a global society, migration, and imagination.


Exhibition Outline
José Parlá, Small Golden Suns
Date: September 10 - December 3, 2016
Gallery opening hours: Tue - Thu, Sat 11:00-18:00 / Fri 11:00-20:00
Closed on Monday, Sunday, National holiday
Opening reception: September 10, 18:00-20:00
Venue: Yuka Tsuruno Gallery
1-33-10-3F, Higashi-Shinagawa, Shinagawa-ku, Tokyo