YUKA TSURUNO
EXHIBITIONS ARTISTS PUBLICATIONS GALLERY ART FAIRS NEWS FEATURED WORKS PRIVATE  

Yuichiro Tamura, Ich fliege zurück mit Lufthansa.
田村友一郎 帰国特別展「ルフトハンザで帰ります。」
March 28 - April 4, 2015

Yuichiro Tamura
《fig001; Long Exposure of the Lonely Explorer》

Yuichiro Tamura
《Lascia ch'io pianga / 私を泣かせてください》より部分

Yuichiro Tamura
《Du sollest nicht fallen. / 汝、堕落することなかれ》より部分

 

 

>日本語

YUKA TSURUNO GALLERY is pleased to present Ich fliege zurück mit Lufthansa, a special solo exhibition of works by Yuichiro Tamura, from Saturday 28 March to Saturday 4 April 2015.

Yuichiro Tamura, born in Toyama in 1977, received the excellence prize of Art Division of the 14th Japan Media Arts Festival for his work, NIGHTLESS, in 2010. He works with various other media and frameworks, including film, installation and performance. His recent exhibitions include Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions, MOT Annual 2012, Art Setouchi 2013 and Mediacity Seoul 2014. He is currently a Ph.D. candidate at Graduate School of Film and New Media, Tokyo University of the Arts. Having been granted by Agency for Cultural Affairs in 2013 and Pola Art Foundation in 2014, he was based in London and Berlin, participating in Institut für Raumexperimente.

In this exhibition, to be held upon his return to Japan finishing 2 years programs, Tamura will show his fig series on type C prints which are significant elements produced for the projects he has conducted in various places. Some of new pieces including Lascia ch'io piang and Du sollust nicht fallen. Both produced in Berlin will also be shown.

Although he conducts large scale installations and performances which sometimes involving the whole exhibition sites, Tamura's fig series are two dimensional pieces represents those works.

The Long Exposure of the Lonely Explorer, for instance, is a "figure" of his performance, performed every night at the three-day event, Festival of Future Nows, in October 2014. It was held at Neue Nationalgalerie in Berlin, which was built by Mies van der Rohe in his last years. Tamura's performance of lighting up inside the museum from outside is homage to modern history of Berlin. At the same time, images created by lights on the marble, a feature of Mies' architectures, reflect to the relationship between materials of film based photography; a silver halide = a mineral and light, as if exposing a photographic film in the camera.

We will have an artist talk by Yuichiro Tamura from 18:00 on Saturday 28th March at the exhibition opening.

About Tamura's Works
Tamura has consistently pursued the possibilities of the moving image, taking photography as a point of departure while straddling various other media and frameworks, including film, installation and performance. He samples not only images that he has taken himself but also preexisting footage, coaxing unique relationships out of them in order to create new landscapes. The form of these works varies from installations that incorporate elements of bodily presence and experience, as well as performances that draw the spectator in. In recent years, he focuses on approach to sites and places, and attempts to produce his works based on elaborate research of reading their history and context. As same as until now, by connecting context of sites and places with his own experience in his unique way, he creates new landscapes with various final forms.

Artist's Comment
"Despite we are not in the end of Edo Period, It is impudent of me to to have such special exhibition upon returning from a foreign trip. In addition to the artworks, there are some bits and pieces I squeezed in my suitcase. I hope everyone could pop in and enjoy the show. Hope to see you all at the opening so that I have a chance to talk to you with some wine. Anyway, I am flying back with Lufthansa."

Exhibition's Overview
Yuichiro Tamura Special Exhibition Ich fliege zurück mit Lufthansa
Exhibition Dates: Saturday 28 March – Saturday 4 April 2015
Artist Talk: Saturday 28 March 18:00 – 18:30
Opening Reception: Saturday 28 March 18:30 – 20:00
Opening hours: Tuesday - Saturday 11:00 - 19:00
(closed on 29 and 30 March 2015)


Works in Exhibition
 Installation View


 

 

YUKA TSURUNO GALLERYでは2015年3月28日(土)- 4月4日(土)までの1週間、田村友一郎の帰国特別展「ルフトハンザで帰ります。」を開催いたします。

田村友一郎は1977 年富山県生まれ。2010年、《NIGHTLESS》で第1回文化庁メディア芸術祭アート部門優秀賞受賞。作品は、写真、映像、インスタレーション、パ フォーマンスなど多岐にわたります。主な展示に「恵比寿映像祭」「MOTアニュアル 2012」「瀬戸内国際芸術祭 2013」「メディアシティ・ソウル 2014」など。現在、東京藝術大学大学院映像研究科博士後期に在籍。2013年より文化庁新進芸術家海外派遣員としてロンドンおよびベルリン、2014年よりポーラ美術振興財団・在外研究助成にてベルリンを拠点としてオラファー・エリアソンの空間実験研究所に在籍し、活動してきました。

今回、一連のプログラムを終え、2年振りの帰国にあわせて開催する本展では、これまで様々な場所で行ってきたプロジェクトのキーヴィジュアルとなるタイプCプリントによって構成される《fig》シリーズ、そのほかベルリンで制作された新作《Lascia ch'io pianga / 私を泣かせてください》《Du sollust nicht fallen. / 汝、堕落することなかれ》含め、幾つかの作品群によって発表いたします。

田村は、時に展示会場全体を巻き込むような大規模な作品やパフォーマンスを発表していますが、《fig》シリーズは、それらのプロジェクトを挿し示す平面ヴィジュアルとして位置づけられる作品です。

例えば、今回展示される《Long Exposure of the Lonely Explorer》は、ミース・ファンデル・ローエが晩年に竣工させたベルリンのノイエ・ナショナル・ギャラリーで2014年10月に開催された3日間のイベント《Festival of Future Nows》 の中で、田村が毎晩おこなった同タイトルのパフォーマンスのfigureです。美術館の外から内部に向けて光を当てたパフォーマンスは、ベルリン近代史へのオマージュでもあると同時に、ミース建築の特長でもある大理石に光が照射されるイメージからは、フィルムベースの写真の材料である銀塩=鉱物と光の関係が重なり、美術館をカメラに見立てた露光行為とも想像することができます。

初日となる28日(土)には18時よりアーティストトークおよび作家を囲んでのオープニングレセプションを開催いたします。

田村友一郎の作品について
写真、映画、インスタレーション、パフォーマンスといった様々なメディアを用いながら、出発点である写真や動画の可能性を追求する試みを特長とする。自らが撮影したものに限らず、既にあるイメージをサンプリングの手法を用いて使用し、独自の関係性を導き出し、新たな風景を立ち上げる。「身体性」や「経験」 あるいは鑑賞者を招き入れたインスタレーション、パフォーマンスなど、表現の形態も多岐にわたる。近年は、場所に関するアプローチに着目し、場所の歴史やコンテクストを読み込み、入念なリサーチに基づいた作品の制作を試みる。その場合に於いても、場所のコンテクストと自らの経験を独自の方法で接続し、新たな風景を生み出す傾向にある。

作家コメント
「幕末でもあるまいし、外遊からの帰国で、えらそうに特別展示だなんて、まったくおこがましい限りで、甚だ恐縮している次第です。作品以外にも、スーツケースの隅っこに忍ばせて持って帰ってきたガラクタなんかもあります。急ごしらえの雑多な見世物になるとは思いますが、気軽に覗いて、冷やかしていただけると幸いです。タイミングとしては、やっぱりオープニングに来てもらえるとありがたいですね。ご挨拶もできると思いますし、お酒を交えながらいろいろと積もるお話もできるかと。何にせよ、ルフトハンザで帰ります。」

展覧会概要
田村友一郎 帰国特別展「ルフトハンザで帰ります。」
会期: 2015年3月28日(土) - 4月4日(土)
アーティストトーク: 3月28日(土) 18:00-18:30
レセプションパーティー: 3月28日(土) 18:30-20:00
開廊時間: 火 - 土 11:00 - 19:00(3月29日、30日ともに休廊)


展示作品
 展示風景